こぐまちゃんのまとめブログ

芸能ニュースを中心に2chの面白スレや画像まとめなど
面白いと思ったまとめ記事をお届けします。
興味を持っていただけたらフォローお願いします。

    芸能ニュースを中心に2chの面白スレや画像まとめなど
    面白いと思ったまとめ記事をお届けします。
    興味を持っていただけたらフォローお願いします。

    カテゴリ:芸能 > アスリート

    年齢を重ねても挑戦する姿勢に、人としての魅力を感じる!!

    航平の『』の文字がついたのは偶然なんですよ」と語っている。 2013年3月、出身地の諫早市に完成した諫早市中央体育館は内村の偉業を称え、その愛称を「内村記念アリーナ」とした。館内にはパネル展示コーナーが設置されている。 ^ “金メダリストの略歴=内村航平(体操男子個人総合)〔五輪・体操〕”
    42キロバイト (4,363 語) - 2021年3月20日 (土) 11:14


    (出典 www.jiji.com)
    1 公共放送名無しさん :2021/04/18(日) 21:58:01.84
    【【内村航平】何がスゴイって、昭和64年生まれってこと。平成元年じゃない】の続きを読む

    ご冥福をお祈り致します。
    お姿を見ないと思ったら・・・まさか・・・。


    沢村 (さわむら ただし、1943年〈昭和18年〉1月5日 - 2021年<令和3年>3月26日)は、日本の元キックボクサー。剛柔流空手道参段。満州出身。本名は白羽 秀樹(しらは ひでき)。娘はタレントの白羽玲子。半生を描いた漫画やアニメの『キックの鬼』の影響により、世間からは「キックの鬼」と呼ばれていた。
    13キロバイト (1,749 語) - 2021年4月1日 (木) 06:52


    (出典 www.jiji.com)
    1 お前名無しだろ (ワッチョイ 6910-jkCS) :2021/04/01(木) 20:18:08.31

    【追悼】“真空飛び膝蹴り”沢村忠はリアルに弱かったのか? 全241戦「フェイク試合だった」疑惑を検証する

    「キックの鬼」と呼ばれた元キックボクサーの沢村忠さんが、3月26日に肺がんのため78歳で亡くなりました。
    代名詞の“真空飛び膝蹴り”でKOを量産。生涯戦績は232勝(228KO)5敗4分け。
    キックボクシングを日本に広め、その後のK-1などの打撃系格闘技につながる道を作った沢村さん。
    その沢村さんの現役時代の“実力”を検証した記事を特別に再公開します。(初掲載:2020年12月30日)

    筆者がこのほど上梓した『沢村忠に真空を飛ばせた男/昭和のプロモーター・野口修評伝』(新潮社)は、
    “キックボクシングを創ったプロモーター”野口修の生涯、興亡、栄枯盛衰を描いたものだが、同時に往年のスーパースター、
    沢村忠の実力を改めて検証した唯一の本でもある。
    これまで数多の格闘家が現れたが、沢村忠ほど知名度の割に実力の査定がなされなかった人物も珍しい。

    それは本書でも立証したように、241戦にものぼる試合のほとんどが「真剣勝負ではなかった」からであり、関係者やマスコミから
    「分析に値しない」と見られてきたからなのは間違いない。心情は理解できないでもないが、そのことと真の実力が如何ほどだったかは別問題だろう。
    彼がいなければ、現在の「キックボクシング」が定着することはおろか、「K‐1」などの打撃系格闘技が隆盛を迎えることもなかったはずだからだ。

    沢村忠は強かったのか弱かったのか──本書とは別の視点もまじえながら、改めて検証してみたいと思う。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b5aebbf2114397da1639ec67d5aa96e8252fa793


    【【沢村忠】 「キックの鬼」こと沢村忠はプロレスラーだった】の続きを読む

    人生を完全燃焼させたのではないでしょうか・・・。
    ご冥福をお祈り致します。


    古賀 稔彦(こが としひこ、1967年〈昭和42年〉11月21日 - 2021年〈令和3年〉3月24日)は、日本の柔道家(八段)。環太平洋大学教授(弘前大学博士(医学))。日本健康医療専門学校校長。 佐賀県三養基郡北茂安町(現・みやき町)出身。1992年バルセロナオリンピック柔道男子71kg級金メ
    12キロバイト (1,329 語) - 2021年3月24日 (水) 18:13


    (出典 www3.nhk.or.jp)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/25(木) 08:36:15.63

    3/25(木) 8:31配信
    スポーツ報知

    古賀稔彦さん

     25日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・午前8時)で、1992年バルセロナ五輪の柔道男子71キロ級金メダリストで「平成の三四郎」と称された古賀稔彦(としひこ)さんが24日午前9時9分、がんのため、神奈川・川崎市の自宅で死去したことを報じた。

     マネジメント会社が発表した。53歳の若さだった。現役引退後は日本女子代表のコーチを務めるなど精力的に指導していたが、手術から約1年で帰らぬ人となった。葬儀・告別式は29日に執り行われる。時間や場所は非公表。

     スタジオで小倉智昭キャスターは「平成の三四郎と言われた古賀稔彦という人は、素晴らしい柔道家でした」と讃え、バルセロナ五輪の金メダルを「テレビでかじりついて見ていて、優勝した時は我がことのように嬉しくて号泣したことを覚えています」と振り返った。

     その上で「何が起こるか分からないけど、この若さで残念だね」と偲んでいた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/56eb514e201f31017bbc8ce5ac6952568e5c746b


    【【古賀稔彦さん】小倉智昭氏、古賀さんを偲ぶ…「素晴らしい柔道家…何が起こるか分からないけど残念」】の続きを読む

    怪我の状況が心配・・・。復帰はいつ頃・・?

    武豊オフィシャルサイト. 2020年5月9日閲覧。 ^ a b 誰も書かなかった 武豊 決断 56-57頁 ^ 「武豊」の瞬間 稀代の天才騎手10年の歩み 22頁 ^ 誰も書かなかった 武豊 決断 38頁 ^ 誰も書かなかった 武豊 決断 58頁 ^ Number(ナンバー)913号 武豊 四千勝のすべて。
    136キロバイト (15,925 語) - 2021年3月6日 (土) 15:46


    (出典 img-tokyo-sports.com)



    1 ニーニーφ ★ :2021/03/21(日) 10:55:47.06

    21日に阪神競馬場で6鞍に騎乗予定だった武豊騎手(52)が、右足部靱帯(じんたい)損傷のため、全レース乗り替わりとなった。
    20日の阪神10Rのゲート内で馬が暴れて負傷し、同12R後に診断を受けた。


    21日のメイン、11R阪神大賞典では昨年の勝ち馬ユーキャンスマイル(牡6、友道)で、自身3週連続の重賞V(チューリップ賞=メイケイエール、中山牝馬S=ランブリングアレー)を狙っていた。
    ユーキャンスマイルは藤岡佑に、3Rはルメール、6Rは岩田康、8Rは団野、9Rは福永、12Rはルメールにそれぞれ乗り替わる。

    来週の高松宮記念(G1、芝1200メートル、28日=中京)では有力馬のレシステンシア(牝4、松下)とコンビを組むことになっている。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/77068360e9d85fbf2fa6a4e37b602158a189c682
    3/21(日) 10:33 日刊スポーツ


    【【武豊(52)】右足部靭帯損傷で全レース乗り替わり 阪神大賞典のユーキャンスマイルは藤岡佑に】の続きを読む

    また、好成績を期待!!

    渋野 日向子(しぶの ひなこ、1998年11月15日 - )は、岡山県岡山市出身の日本の女子プロゴルファーである。所属はサントリー。血液型はAB型。アマチュア時代の登録上の表記は澁野 日向子。2019年の「AIG全英女子オープン」で日本人選手として樋口久子以来、42年ぶり2人目の海外メジャー優勝を果たした。
    32キロバイト (4,092 語) - 2021年2月22日 (月) 12:28


    (出典 www.sponichi.co.jp)
    1 ニーニーφ ★ :2021/02/17(水) 21:25:41.60

    国内女子ゴルフツアーの21年初戦ダイキン・オーキッド・レディース(3月4~7日、沖縄・琉球GC)に向け、渋野日向子(22=サントリー)が17日、21年に向けた現状とコメントを発表した。
    2021年の目標は「自分を知ること」とした。

    実質ルーキーシーズンだった19年に海外でメジャーの全英女子オープン優勝、国内で4勝。
    大ブレーク後の昨年は“開幕戦”のアース・モンダミンカップで予選落ち、海外遠征6戦でディフェンディングの全英に予選落ち、ANAインスピレーション51位、全米女子プロ58位など、苦しみながらも経験を積み、帰国後の大王製紙エリエール5位、JLPGAツアー選手権リコー杯3位と調子を上げた。
    そして12月の全米女子オープンも4位に入る健闘を見せた。

    渋野は「昨年はいろいろな経験ができた1年でした。みんなが初めて経験するような事態でしたが、私自身は与えられた環境で、できる限りのことはできたのかなと思います」とする一方で「ただ評価できるポイントは特になく、課題は答えられないくらい多く見つかりました。評価できるとしたら、今の自分の課題が見つかったことです」と振り返っている。

    このオフは再現性の高いスイング作りを目指し、あらゆる部分で1段階レベルアップできるよう練習、トレーニングに励んでいるといい、初出場となるダイキン・オーキッド・レディースで元気な姿を見せるつもりだ。

    https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/202102170000556.html


    【【渋野日向子】今季開幕前にコメントを発表 「昨年はいろいろな経験ができた1年でした」】の続きを読む

    このページのトップヘ